読書を売上アップに繋げる方法

本なんて読む時間ないですよ

私は師であるO先生に出会うまで
全く本を読んでいませんでした。
当然現場時代の読書量は年間0冊。

こんな私が今では年間100~200冊
読むまでになりました。
なぜでしょうか?

それは
本を読むことが大切だと知り、
本を読むことの優先順位が上がった

からです。

現場時代は忙しかったから読めない
のではなく、
本を読むことの優先順位が低いから読まない
という事が最近わかりました。

ではなぜ優先順位が上がったのか?

もちろんO先生の影響もありますが、
次の言葉が私に刺さったからでした。

今の自分と5年後の自分の違いは、
第一にどんな人と出会ったか?
第二にどんな本を読んだかである

このブログでは、
私流の本の読み方
をお伝えします。

とにかく本を1冊でも読む

様々な人が本を読みなさいと言います。

またとにかく量を読めとか、
読んでいる途中で合わない本は、
そのまま閉じなさいという人もいます。

私の意見としては、
とにかく1冊でも本を読むことです。

何冊も何冊も読んでいるうちに、
言葉が1つの画像として映るように
なります。

1つ1つの文字を読むのではなく、
1つ1つの映像として捉えるような
感じになります。

そうなると読むスピードは速くなります。
41歳まで全く本を読まなかった私ですが、
かなり読むスピードが早くなりました。

ちなみに、
私は私の3人の先生から、
「この本おすすめだよ」
と言われると無条件で購入し読みます。

画像は私の本棚の一部
年間1冊も読まなかった人間がよく読むようになりました(笑)

本の選び方

どんな本を選んだらよいか
悩むかもしれません。

本の要約サイトであるフライヤを見て
選ぶのも1つの方法でしょう。

私は本屋に行って、
タイトルを見てビビっと来た本
を選んで購入します。

結構この方法で選んだ本。
当たりの本多いです(笑)

しかし一番は、
自分が師と思っている人物に
どんな本がお勧めか聞くことです。

きっと教えてくれます。

Amazonや楽天ブックスで本を購入すると、
そのうちどんどんお勧めの本が
メールで来るようになりますので(笑)

また本を読んでいると、
その本の中で参照にしている本が
紹介され読んでみたくなることもあります。

読書を売上アップに繋げる方法

せっかく時間をかけて読んだ本。
どうせなら自分の成長や、
お店の売上アップに繋げたいですよね?

私流の読み方をご紹介します。
まず読んでいて気になった部分は
付箋を貼ります。

最後まで読み終えたら、
付箋を貼った部分だけ読み返します。

重要だと思ったことは、

  • 行動できることはすぐ行動する
  • 専用のノートに書き留める
  • 更に調べたいことは調べる
  • 自身のセミナーのスライドに書き加える

などしています。
これ要は自分なりにアウトプットして
いるのです。

自分なりにアウトプットすることで、
その読んだ内容は自分のものに
なりますよ。



ほとんどの人が、
本を読む時間がないのではなく、
本を読むことの優先順位が低い
だけなのです。

5年後の自分を変えたいなら、
良い本と出会うことが大切です。

まずは本屋に行って1冊気になった本
買って読んでみませんか?

この記事を書いている人

稲垣 高史
稲垣 高史カフェコンサルタント
コーヒー好き、カフェ好きの趣味が高じてカフェコンサルタントを始めて7年になります。このブログを読んだカフェ関係者が「これやってみよう」と思えるような売上アップや教育法を発信しております。簡単な質問は無料で対応しております^^

読書を売上アップに繋げる方法

ブログでは書けない?様な話題を
メルマガでは配信中です。

今ご登録いただくと
小冊子『コロナ渦でカフェが復活するためのアイディアあれこれ』ほか、すぐにお店で使えるツールをダウンロードできます。

今すぐメルマガに登録して手に入れてください!