接客時にクレームになる可能性が高い言葉遣い

そんなつもりで言ってないのに…

あなたが意識してなくても、
接客時になぜかクレームになってしまう
そんな言葉遣いあるのです。

自分としては丁寧な言葉を使っていても
そうお客様が受け取ってくれない言葉。

それは、
命令形の言葉
なのです。

「そんな命令形の言葉なんて使ってないですよ」
と思っていても実は使ってしまっている
のが現状なのです。

例えば…
「お客様こちらのお席をご利用ください」

一聞丁寧に聞こえる言葉ですが、
人によってはそう受け取らないことが
あります。

もしかしたらお客様に
「あそこ空いてるじゃん!」
「なんで?窓際の席が良いんだけど!」
なんて言われかねません。

他にも、

「順番に並んでお待ちください」
「お呼びしますのでそちらでお待ちください」

悪い言葉遣いには聞こえません。

しかしある部分を変えるだけで、
非常に柔らかい接客対応の言葉遣い
になるのわかりますか?

そうなんです。
語尾を疑問形にするのです。

「お客様こちらのお席をご利用いただけますか?」
「順番に並んでお待ちいただけますか?」
「お呼びしますのでそちらでお待ちいただけますか?」

接客おじぎ
画像はイメージ(写真ACより)

いかがですか?
柔らか感じませんか?

人間は命令形の言葉を嫌います。
これスタッフを教育する時も同じ
なのです。

叱るの記事をご参照ください。


少しでもお客様に気持ちよく
利用していただくために、
命令形の言葉を疑問形に変えてみませんか?

この記事を書いている人

稲垣 高史
稲垣 高史カフェコンサルタント
コーヒー好き、カフェ好きの趣味が高じてカフェコンサルタントを始めて7年になります。このブログを読んだカフェ関係者が「これやってみよう」と思えるような売上アップや教育法を発信しております。簡単な質問は無料で対応しております^^

カフェ経営者に贈る日々のコツコツ売上アップ法を配信

ブログでは書けない?様な話題を
メルマガでは配信中です。

今ご登録いただくと
小冊子『コロナ渦でカフェが復活するためのアイディアあれこれ』ほか、すぐにお店で使えるツールをダウンロードできます。

今すぐメルマガに登録して手に入れてください!