カフェの接客時の言葉遣い(敬語)

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

接客時の敬語難しいですよね。

世界で一番難しいとされている日本語。
その難しさは「敬語」にある
と言われています。

少しくらい言葉遣い間違っても問題ない
そう誰もが思っているはずです。

しかしながら、
特にご年配のお客様はその点に
対して敏感であることは確かです。

もっと言ってしまえば、
正しい言葉遣いで接客する店と
そうでない店では
絶対前者の方が印象は良いのです。

敬語をかなり突っ込んで勉強すると
正直接客できなくなります(笑)

だからこそ、
基本中の基本の敬語を知っておく
とかなり楽なのです。

では、ちょっとだけ質問。
以下の言葉遣いは全て間違っています。
正しい言葉遣いにするとどうなりますか?

1、本日店長はお休みを頂いております。

2、すみませんが、順番にお並び頂けますか?

3、少々お待ちください。

4、お会計のほう1080円になります。

5、とんでもございません。

6、了解しました!

さて、あなたはいくつわかりますか?

ということで、
6月以来久々にカフェ繁盛会を開催します。

今回のテーマは
あるカフェのオーナーからのご提案で
「敬語」
についてやります。

是非、ご活用ください。

9月のカフェ繁盛会の詳細を見て申し込む

この記事を書いている人

稲垣 高史
稲垣 高史カフェコンサルタント
コーヒー好き、カフェ好きの趣味が高じてカフェコンサルタントを始めて7年になります。このブログを読んだカフェ関係者が「これやってみよう」と思えるような売上アップや教育法を発信しております。簡単な質問は無償にて対応しております^^

カフェ経営者に贈る日々のコツコツ売上アップ法を配信

ブログでは書けない?様な話題を
メルマガでは配信中です。

今ご登録いただくと
【2019年最新版】カフェウェブ集客秘伝の書ほか、すぐにお店で使えるツールをいくつかダウンロードできます。

今すぐメルマガに登録して手に入れてください!