カフェで広告を打つならフェイスブック広告

私がコンサルティングをする時に、
必ずフェイスブックページを持つよう
コンサルティング先に伝えます。

「フェイスブックは廃れているのに
 持つ必要はあるのですか?」

「今はインスタの時代ですよ」

よく言われるのですが、
フェイスブックページを持つのは
明確なメリットがあるからです。

その最大のメリットが
フェイスブック広告です。

この記事では、
フェイスブックページを持つ意味と
フェイスブック広告の活用方法について
解説します。

年々新規客の集客コストが上がっている

新規客を集客するとなると、
あなたが思い出すツールは
何があるでしょうか?

・TVCM
・折り込みチラシ
・地方紙への掲載

などなど、どれもかなり経費が
かかる広告媒体です。

ところがフェイスブックを始めとする
SNSの広告はコスパに優れた広告
ということを知っていますか?

写真はイメージ(写真ACより)

時代はネット広告へ移行

今広告はTVなどのメディアから、
ネットへ移行しています。

莫大な経費をかけても
集客できたのが10,000枚で3客。
マンミツと呼ばれる世界です。

そのようなこともあり、
ネット広告は数年前から
注目されています。

Googleやyahooの広告が有名ですが、
なかなか難しくて始められないという
人も多いのではないでしょうか。

その点SNSの広告は
手軽に始められてしかも1回あたり
最低100円から始められる手軽さが
あります。

フェイスブック広告のメリット

フェイスブックの広告の話をすると、

「フェイスブックの広告を使っても効果ないのでは?
 だって、フェイスブックの利用人口減ってますよね?」

よく言われる言葉です。
しかしながら、
フェイスブックの広告は、

・ターゲットがしぼれ
・それほど知識も要らず、
・簡単に始められ、
・1日100円でOK
・インスタグラムにも広告が流れ、
・フェイスブックが契約しているアプリなどにも広告が流れる

これがフェイスブックの広告です。

ターゲットが絞りやすい

かなり細分化してターゲットを設定し、
広告を出すことができます。

・年代や性別を絞ることができます。
・地域を絞ることができます。
・コーヒーにいいねをしている人に絞ることができます。

例えばこんな感じ。
あなたのカフェから15kn圏内に住んでいる18歳以上42歳以下の女性
というターゲットが設定できます。

しかもターゲットとなる人数を
具体的に数字で示してくれます。

他にも、
1度あなたのお店のホームページを見た
人に近い人をターゲットにする
という高度な設定もできます。

知れば知るほど奥が深い広告です。

簡単に始められる

色々なセミナーや本でフェイスブック広告の
活用法については説明がされています。

私としてはポイントはたったの3つ。

・反応があった記事を広告する
・広告は必ず4日以上打つ
・インスタグラムにも広告を流す

フェイスブック広告には、
ページを広告する方法と記事を広告する方法
の2つがあります。

私がお勧めするのは、
反応があった記事を広告する
ことです。

具体的に反応があったかどうかを
チェックする方法は、
あなたのページの記事別インサイト情報を見て、
より多くのリーチを獲得した記事となります。

1日100円から始められる

フェイスブック広告は
1日100円から始められ、
期間を限定して広告できます。

極端な話、
1日100円だけ広告する
ことも可能です。
※ほとんど広告効果はありませんが…

私の経験上、
1日300円で4日以上広告する事
をお勧めします。

フェイスブックの本社の広告担当者
という方と話す機会があったのですが、
その時に仰ったことが

フェイスブックの広告は、フェイスブックAIが3日くらいかけて、あなたの広告ターゲットに最適なオーディエンスを探します。よって、必ず4日以上広告をすることがより高い広告効果を生むポイントです。

という内容でした。

確かに今広告をしていて、
4日目から急に広告が伸びだすこと
多々るのが事実です。

フェイスブック広告の表示場所

フェイスブック広告が表示されるのは、
フェイスブック内だけではありません。

・インスタグラムのストーリーズ
・インスタグラムのタイムライン
・フェイスブックメッセンジャーアプリ
・オウディエンスネットワーク

などに表示されます。
インスタグラムはカフェと言う
業種には有効なSNSです。

インスタグラムユーザーに
広告が流れるのは大きいですね。

広告できない記事

注意点として広告できない記事
というものがあります。

これはフェイスブックの広告の
ガイドラインに書いてあります
ので参照にしてください。

フェイスブック広告の効果を最大化する

フェイスブックの広告を
ただやみくもに打っていたのでは
効果はあまり望めません。

効果を最大限に発揮するための
ポイントです。

常にページを更新すること

なぜなら、広告を見た人は、
ほとんどの人があなたのページを
見に来るからです。

もし広告を見てあなたのページに
来て何も記事が更新していなかったら、
どう感じるでしょうか?

広告を打っているときは、
特に記事の更新を意識して実施
してみてください。

PDCAで常に回す

どんなことでもそうですが、
必ずPDCAで思考を回すクセを
付けましょう。

P(仮説)→D(実行)→C(検証)→A(改善行動)

これが重要です。
常に実施した広告に対して、
データを見て検証をすることです。

検証結果から
どこを改善すればいいのか?
常に考えましょう。

フェイスブック広告は
年々利用者数が増え広告単価が
上がっていることも事実です。

しかし今の時点では、
間違いなく活用できる広告の
1つです。

上手に広告を活用してください。

この記事を書いている人

稲垣 高史
稲垣 高史カフェコンサルタント
コーヒー好き、カフェ好きの趣味が高じてカフェコンサルタントを始めて7年になります。このブログを読んだカフェ関係者が「これやってみよう」と思えるような売上アップや教育法を発信しております。簡単な質問は無料で対応しております^^

カフェ経営者に贈る日々のコツコツ売上アップ法を配信

ブログでは書けない?様な話題を
メルマガでは配信中です。

今ご登録いただくと
【2020年最新版】カフェウェブ集客秘伝の書ほか、すぐにお店で使えるツールをダウンロードできます。

今すぐメルマガに登録して手に入れてください!