カフェのスタッフの連携で大切なこと

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

あなたのカフェでは、
スタッフ同士の連携は取れていますか?

取れていないと感じるカフェには
ある共通項があります。
その共通項とは?

それは
スタッフ同士の掛け声及び返事があるかどうか
です。

例えば、
オーダーが入ってオーダーを通す、そして返事。
食器を下げてお願いをする、そして返事。
厨房からお願いをする、そして返事。

この掛け声=返事ができていないカフェ
結構あるのですよね。

良くあるパターンが
レジで接客をしているスタッフが
バリスタにオーダーを通す時。

コーヒーやラテを作るのに夢中な人ほど、
オーダーに対する返事がないんです。

もし、オーダーを通して返事がなかったら、
オーダーが通ったかどうか不安になりますよね?
オーダー通しても黙々とコーヒーやラテを作る。

これって、お客様からすれば、
何で返事しないんだろう?
と感じる人もいると思います。

どんなことでも
お願いをされたら返事をする。

「はい、かしこまりました」
「了解」
「承知しました」「承りました」

店舗として統一された返事があれば良いでしょう。

オーダーを通した時、
「ブレンドコーヒー1つかしこまりました」
と復唱がある。

自分の注文がきちんと入ったとお客様もわかります。
そしてそのやり取りがお客様に気持ち良く聞こえ、
あなたのカフェの雰囲気も良く感じてくれるでしょう。

スタッフ同士の連携を円滑にする目的はもちろん、
お店の雰囲気を良くするためにも返事を大切にする
ことをお勧めします。。

この記事を書いている人

稲垣 高史
稲垣 高史カフェコンサルタント
コーヒー好き、カフェ好きの趣味が高じてカフェコンサルタントを始めて7年になります。このブログを読んだカフェ関係者が「これやってみよう」と思えるような売上アップや教育法を発信しております。簡単な質問は無償にて対応しております^^

カフェ経営者に贈る日々のコツコツ売上アップ法を配信

ブログでは書けない?様な話題を
メルマガでは配信中です。

今ご登録いただくと
【2019年最新版】カフェウェブ集客秘伝の書ほか、すぐにお店で使えるツールをいくつかダウンロードできます。

今すぐメルマガに登録して手に入れてください!