カフェ開業後にもつ年数

カフェ集客及び売上アップ
専門コンサルタントのいながきです。

開店後数年で潰れていくと言われている
カフェ・喫茶店を始めとする飲食店業界。
とてもシビアな業界です。

私が現場にいたときは、
1年目がむしゃらにやれば、
2年目は認知度がアップして、
それなりに売上が上がってくる。

勝負は3年目から!!
とよく上司に言われました。

ところが、実際にはどうなのか
財経新聞にデータがありましたので、
紹介します。

以下、財経新聞の記事そのまま引用

閉店した店舗を営業年数別に見ると、
1年未満で閉店した割合は34.5%、
2年以内で閉店した割合は15.2%(回答数6494)。

合計すると49.7%となり、
約半数の飲食店が2年以内に閉店している。

また、2008年から13年の間で
それぞれの営業年数の割合の変化を見ると、
6年以上運営してきた店舗の割合が増加していた。

6年以上運営している店舗の割合が
08年では21.8%だったのが、32.1%と、
10.3ポイント増加。

短期間で閉店する店舗が多い一方で、
長期にわたり安定して経営している店舗が
増えていることもうかがえる。

いかがですか?
完全に2極化しているのがわかります。

そして、数年前と違い、
オープンして最初の年が勝負
だということこの数字でわかります。

今までこのブログで、
様々な集約や売上アップの事例
を紹介してきました。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。
是非、長期的に安定したカフェ経営を
目指してください!

Follow me!