台風に備えてのカフェでのチェックポイント

2020年9月23日リライト

年々被害が大きくなる台風。

台風が発生すれば、
様々な対応が必要ですし、
売上にも影響を及ぼします。

最近の台風を始め災害は、
年々その被害度合いが増しており、
想像以上の被害が出ています。

カフェや喫茶店において、
特に郊外の単独店舗においては、
以下の事に備えましょう。

実はこの事項は、
私が現場にいたときの痛い経験から
のアドバイスです(泣)

看板・メニューなどは大丈夫?

外に出してあるものを
飛ばないように工夫する店も
ありますが全て店内に入れる
ことをお勧めします。

移動看板
立て看板
のぼり
臨時で外に出してあるもの 等々

強風で看板などが飛び、
思わぬ被害にならないためにも
店内に入れましょう。

「これは大丈夫でしょう?」
なんてものも破損する可能性
があります。

店内に入れられないものは、
強風で飛ばされないように
補強をすることも忘れないでください。

外構の掃除

特に、雨量が多い時には、外構の掃除をすることで、
店舗への水の侵入を防ぐことができます。

集水枡にちょっとしたゴミが詰まっているだけで、
店舗周りの排水が悪くなり溢れることもあります。
要注意箇所です。

常に外構を掃除すること大切ですよ。

屋根部の排水管の掃除

特に郊外型店舗の1軒家物件は、
屋根の水を排水する管がたくさん
存在します。

この管にゴミや落ち葉が詰まっていると
水を排水しきれず天井から思わぬ雨漏り
をします。

定期的なチェックをして掃除をしましょう。

早めのスタッフへの対応

売上低下による人件費の削減を
考えるよりも先にスタッフが無事
自宅に帰られるように考えます。

災害時には交通機関が止まり、
スタッフが自宅に帰られなくなる
可能性があります。

最新の情報を把握する

情報を速やかに収集し、
スタッフの早上がり等
検討してください。

このような非常時に情報を
収集するのに最適なのが
ツイッターです!

防災グッズの準備

万が一のために防災グッズを
準備しておきましょう。
避難場所も確認しておきます。

冠水時に備えて、
土嚢を準備しておいて損はない
ですよ。


いかがでしたでしょうか?

備えあれば患いなし
とはよく言ったものです。

特に最近の
自然災害は予想できない事態
に発展することが多いです。

常に情報を得ながら、
事故が起こらないように、
対策を考えましょう。

私のメルマガでは、
このような災害などの即時性の高い
事象は優先的に注意を喚起しています

ご興味のある方はご登録ください。

カフェ経営者に贈る日々のコツコツ売上アップ法を配信

ブログでは書けない?様な話題を
メルマガでは配信中です。

今ご登録いただくと
【2020年最新版】カフェウェブ集客秘伝の書ほか、すぐにお店で使えるツールをダウンロードできます。

今すぐメルマガに登録して手に入れてください!