カフェでレジ(現金)ギャップを防ぐためのルール

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

日々の経営をしていて頭が痛くなる瞬間。
閉店してレジ締め作業をしたら、
売上金額とレジ内の金額が一致しない。

経験ありませんか?
実はこれを防ぐためには
絶対的なルールがあるのです。

そのルールとは?

レジギャップ(現金ギャップ)は
経営者にとって頭が痛い問題です。
私が現場にいた時代、
売上も多くしかもレジが6台ある店
だったので、いつも悩まされておりました。

時代もありましたが、
1日に10,000円近くのレジギャップが発生する
日もありました。

ところが、
あるルールを作ることにより、
飛躍的にレジギャップ(現金ギャップ)は減少
しました。

そのルールは、

・レジ間でのつり銭の移動はしない。
・シフト前後で現金チェックをする。
・毎日のレジギャップ(現金ギャップ)額の公表

たったこの3つだけです。
この3つをやるだけで飛躍的に改善されました。

と言っても、
レジギャップ(現金ギャップ)出るときは出る
のも事実です。

しかし、この3つをやることにより
飛躍的にスタッフのお金に対する意識が変わる
のです。

1日が終わりにレジでの現金があっていないと、
非常に気分が悪いものになります。

きちんとしたルールを作ることで、
気持ちよくスタッフが働ける環境を作りましょう。

カフェ経営者に贈る日々のコツコツ売上アップ法を配信

ブログでは書けない?様な話題を
メルマガでは配信中です。

今ご登録いただくと
【2020年最新版】カフェウェブ集客秘伝の書ほか、すぐにお店で使えるツールをダウンロードできます。

今すぐメルマガに登録して手に入れてください!