クレームはお店の中での共有化が大切

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

あなたのカフェでクレームが発生した時、
一番大切な行動は何だと思いますか?

実は一番大切なのは、
すぐに全スタッフでクレームを共有化
することです。

クレームの共有化とは、
すぐに全スタッフに情報伝達をする
ということです。

これを怠ると、
更なる2次クレームに発展する
ことになりかねません。

となると、
どうやってクレームを共有化するか?
ということになります。

私の時代は、
クレームノーとなるものが存在し、
それをシフトに入る前に確認して
から入店するというルールがありました。

このクレームノートには、

・起こった日時
・お客様の特徴(氏名がわかれば氏名)
・クレーム内容
・どのように対応したか
・解決済かどうか

が書いてありました。
これを見てそのお客様が来店された時に
対応に不備がないようにします。

「先日は失礼しました」
などの声掛けがあるかどうかで
お客様の表情は変わるのです。

なぜなら、
クレームを伝えたにも関わらず、
再利用してくれているお客様ですから。

今の時代、
LINEのグループ機能など使って
クレームを共有化するのもありですね。

いずれにせよ、
起こったクレームはお店の中ですぐに共有化
できる体制にしておくことが大切ですよ。

あなたのカフェにはクレームを共有化する
仕組みありますか?

この記事を書いている人

稲垣 高史
稲垣 高史カフェコンサルタント
コーヒー好き、カフェ好きの趣味が高じてカフェコンサルタントを始めて7年になります。このブログを読んだカフェ関係者が「これやってみよう」と思えるような売上アップや教育法を発信しております。簡単な質問は無償にて対応しております^^

カフェ経営者に贈る日々のコツコツ売上アップ法を配信

ブログでは書けない?様な話題を
メルマガでは配信中です。

今ご登録いただくと
【2019年最新版】カフェウェブ集客秘伝の書ほか、すぐにお店で使えるツールをいくつかダウンロードできます。

今すぐメルマガに登録して手に入れてください!