カフェで身だしなみの基準を作るときの考え方

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

お客様に好印象を与える
意味でも大切な身だしなみ。

身だしなみは第一印象に
つながるために大切である
ことは確かです。

では具体的にどのうような
ことに気を付けたら良いで
しょうか?

もしあなたがスタッフに
「身だしなみって何ですか?」
と聞かれたらどう答えますか?

私なら、
お客様を不快にさせない身なり
と答えます。

つまり、
身嗜みはフラットな状態で
波風の立たない無難な状態
が理想なのです。

言い換えれば、
不快に感じるお客様を0に近づける
ことです。

最近カフェを利用すると、
(特にコーヒースタンド系)
腕にタトゥーが見える方が
います。

もし100人お客様が利用したら
不快と感じる方はどれくらい
の数いるでしょうか?

きっと0ではないはずです。
タトゥーを否定している訳
ではありません。

腕にタトゥーのあるスタッフは
接客する時は隠すなど工夫をし
お客様を不快にさせない事です。

それが身だしなみなのです。
この様なものはタトゥーに
限ったこたではありません。

ネックレス、
指輪、
ブレスレット、
ピアス、
ヘアアクセサリー、

全て上記の理由から
私なら着用を控えさせます。

そういった意味でも店舗として
身だしなみの基準を作ること
は大切なのです。

あなたのカフェには
身だしなみの明確な基準
ありますか?

Follow me!