カフェ新人スタッフの研修期間

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

前回のブログで
新人スタッフの3回目のシフト後までケアすることで
スタッフの定着率を上げることを伝えました。

カフェ新人スタッフが抱える3つの不安

一定基準のQCSを維持するためにも、
店舗レベルを維持するためにも
新人のスタッフ研修は大切です。

研修期間において大切なことがあります。
それを理解ないとスタッフの退職に繋がりますし、
店舗の士気が落ちる可能性があります。

それは、
どうすれば研修期間が終了するのか明示する
ことです。

どこのエリアの仕事の
何ができるようになって、
どのような基準を達することを
○○時間でできるようになる
と言う感じです。

スターバックスコーヒーでは研修期間は約80時間
と言われております。
スタッフ研修に力を入れていることが伺えます。

とても個人の店舗で
80時間も新人スタッフの教育に費やすことは厳しい
でしょう。

80時間費やせなくても、
新人スタッフが研修期間を終える目安を明示する
ことが大切です。

明示したことができたことをほめることで、
研修が終わりこれであなたは1人前であるを意識
させます。

儀式的なこととして、
研修期間終了後に研修バッチを外す
ことも効果ありです。

逆に研修期間が明示されずにいつまでも続くと、
先に述べたスタッフのやる気の喪失による退職や
いつまでもだらだらと惰性で働くスタッフができます。

こういった意味でも、
研修期間をきちんと設定しその内容を明示する
ことをしましょう。

あなたのカフェでは
新人スタッフの研修期間は明確になっていますか?
新人スタッフの教育は3回目までが勝負ですよ!

この記事を書いている人

稲垣 高史
稲垣 高史カフェコンサルタント
コーヒー好き、カフェ好きの趣味が高じてカフェコンサルタントを始めて7年になります。このブログを読んだカフェ関係者が「これやってみよう」と思えるような売上アップや教育法を発信しております。簡単な質問は無償にて対応しております^^

カフェ経営者に贈る日々のコツコツ売上アップ法を配信

ブログでは書けない?様な話題を
メルマガでは配信中です。

今ご登録いただくと
【2019年最新版】カフェウェブ集客秘伝の書ほか、すぐにお店で使えるツールをいくつかダウンロードできます。

今すぐメルマガに登録して手に入れてください!