カフェの半原材料などの品質管理

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

原材料や仕込んだ後の半製品の賞味期限の管理
きちんとしていますか?
特に今年は暑いのであっという間に傷んでしまいます。

これもルール化なのですが、
下手をすると大問題を引き起こす可能性があります。
その大問題とは?

より良い品質の商品を提供するためには、
賞味期限の管理は必須です。
元より、飲食店であるなら絶対です。

未開封の原材料の賞味期限は管理できていても
仕込んだ後の半製品の賞味期限は管理できていない
カフェもあるのではないでしょうか?

例えば…
・ 当日に納品された野菜やパン
・ 仕込んだあとのサラダなど野菜類

などが考えられます。
これをきちんと品質管理するためには、

・納品された日付けを大きくマジックで書く
・消費期限のルールを表にして明示する
・半製品には消費期限か仕込んだ日を専用カードに
記入してルール化する

という方法があります。
特に野菜やパンは今の季節傷みやすいので、
目視や匂いでのチェックも必要です。

カフェでの品質への取り組みは当たり前のことです。
逆にこれを怠るとお店として命取りの事案へ発展
する可能性が高まります。

店長であるあなたは大丈夫かもしれませんが、
スタッフに徹底するためにもこのようなルールは必須
であることは把握しましょう。

 

—————————————————–

ブログの内容をより更に掘り下げた
日々の経営に役立つメルマガを週に3回配信中です。

売上アップに関することを中心に、
集客、スタッフ教育、季節ネタなど
その時期ならではの情報を配信しております。

※登録も解除も簡単にできます。

■ メルマガ登録フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

Follow me!