気に入らないスタッフを解雇する方法

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

カフェを経営していて,
スタッフが使えないから解雇したい
と思ったことありませんか?

社会保険労務士であり
人材教育のエキスパートである
橋本誠一郎先生にスタッフ解雇する際の注意点
について寄稿してもらいました。

以下、橋本誠一郎先生より。
————————————–
最近よく聞かれることがあります。
「従業員辞めさせる場合って、
30日前に『辞めて』って言えばいいんでしょ?」
とか、

「30日分の給料払えば、
すぐに辞めてもらえるんだよね?」
と…。

ちょっと待ってください!

言われた人が弁護士のところに駆け込んだら、
・復帰までの賃金相当額
 (実際は復帰する気などなくても)
・慰謝料
・損害賠償
・未払い残業代
・セクハラ
・パワハラ

などなど
すぐに100万円くらい取られちゃいますよ。

独立行政法人労働政策研究・研修機構、
東京大学社会科学研究所、
一橋大学経済研究所によると、

解雇でもめた場合の平均解決金は、
労働審判では100万円、
裁判での和解では300万円です。

————————————–

わかりますか?
簡単に解雇できないんですよ。
では具体的にどうすればよいのかは
次回のブログにて。

Follow me!