スタッフの業務量の偏りを付箋で解消する方法

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

あなたのカフェでは、
どのスタッフが仕事が多くて、どのスタッフが少ない
とスタッフの役割分担でもめることありますか?

もし、このような経験があるなら、
スタッフの業務量を明確にする方法があります。

その方法とは具体的にどうすればよいでしょうか。

スタッフの業務量の偏りは意外とあるものです。
わかっていても、
仕事ができるスタッフに業務が集中する
ですよね。

もし、そのような状況にスタッフが不満を持つなら、
そのスタッフの仕事量を明確にしましょう。

では、具体的にどのようにやるのか?

スタッフの数だけ異なる色の付箋
を準備してください。
できれば、異なる大きさ3種類くらい準備します。

付箋を準備したら、
スタッフ毎に色を分けそれを渡し、
自分が担っている業務をとにかく書いてもらいます。

その時に、
かなり負担となっている業務は付箋の大きさを変える
ことにします。

付箋に書いたらA3の用紙にその付箋を貼り付けます。

すると…
付箋の色と大きさでスタッフの業務量がわかる
ことでしょう。

ここであまりに偏りが大きい場合は、
業務量の多いスタッフの仕事を
少ないスタッフにその業務の付箋を渡します。

そうすることで、
業務の偏りを改善することができる
のです。

もし、スタッフの業務量の偏りで悩むなら、
この付箋の方法試してみて下さいね。

Follow me!