特定スタッフのロングシフトは危険

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

ほとんどのカフェでスタッフが足りない
という悩みを聞きます。

スタッフが少なくなると、
スタッフをロングシフトで対応する
ことってありますよね?

これ、かなりのデメリットがあるってご存知でしたか?

1人のスタッフに対する依存度が大きくなる
ということです。

依存度が大きくなれば、
良い意味でも悪い意味でも影響力が大きくなる
ことになります。

考えてみて下さい。
ロングシフトのスタッフがわがままを言う。

あなたはこのスタッフにやめられると困る。

あなたの仕事に対する妥協が始まる

ことになりませんか?

だからこそ、
一部のスタッフに依存が高いことは
あなたのカフェにとって良くないこと
なのです。

もちろん、そのスタッフが退職すれば
かなりの店舗としても痛手を被ることになる
でしょう。

だからこそ、
スタッフが短いシフトで対応できるシフト作り
に切り替えることをお勧めします。

特に今は生産年齢人口と呼ばれる
言わば働き手が少なくなっています。

だからこそ、
短時間でも働けるように基本シフトを短くする
ことです。

カフェの基本シフト作成

5月のGW明けが一番スタッフを採用できる時期
です。
今一度あなたのカフェの基本シフト見直しませんか?

Follow me!