接客とマニュアル

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

あなたはマクドナルドさんのこのCMを
見たことがありますか?
マクドナルドさんのCM

とても素敵なCMなのですが、
実はこのスタッフの接客に私は違和感を
覚えました。

その理由は…

スタッフ「いらっしゃいませ、何にしますか?」
女の子「ナゲットください」

スタッフ「ナゲットですね。おいくつですか?」
女の子「…、4歳」

スタッフ「4歳?(笑)」

とても雰囲気の良い素敵なCMに感じます。
しかし、私は違和感を覚えて仕方ありません。
あなたはいかがでしょうか?

私だったら
接客時に4歳の子に敬語は使いません。

これは親しみを込めてという意味もありますし、
4歳の子には敬語よりも、口語の方が
きちんと伝わると考えるからです。

私だったら、
スタッフ「こんにちは。今日は何にする?」
女の子「ナゲット!」

スタッフ「ナゲットはいくついる?」

という感じです。
「接客のマニュアル」に沿って接客すれば、
敬語で対応するでしょう。

しかしながら、
敬語は場面によって使い分けることが
大切ではないでしょうか?

小さい子は接客してくれるスタッフを
お兄さん、お姉さんと思っています。

もし、接客が良く気に入ってくれれば、
将来確実にあなたのお店のファンになります。

ただ、マニュアルに沿って接客するのではなく、
その場面に合わせた接客をしましょう。

この記事を書いている人

稲垣 高史
稲垣 高史カフェコンサルタント
コーヒー好き、カフェ好きの趣味が高じてカフェコンサルタントを始めて7年になります。このブログを読んだカフェ関係者が「これやってみよう」と思えるような売上アップや教育法を発信しております。簡単な質問は無償にて対応しております^^

カフェ経営者に贈る日々のコツコツ売上アップ法を配信

ブログでは書けない?様な話題を
メルマガでは配信中です。

今ご登録いただくと
【2019年最新版】カフェウェブ集客秘伝の書ほか、すぐにお店で使えるツールをいくつかダウンロードできます。

今すぐメルマガに登録して手に入れてください!