スタバの接客から学ぶべきこと

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

先日スタバの福袋買い占め事件について
私の見解に対し、様々な意見や質問があったので、
今日はそれについて。

まず、今回の私自身としての一番の疑問は、
なぜ、スタバであのようなことが起こったのか?
という1点のみです。

言葉は悪いですが、
他のチェーン店で起きたのなら
それほど疑問に感じなかったかもしれません。

それほど、スタバのファンは全国に多いですし、
今まで作ってきたスタバブランド及びスタバファンは
絶大なのです。

スターバックスコーヒーが掲げる
「ミッションステイトメント」
からのスタッフの動き及び考え方が好きなのです。

スタッフ個人にこの問題が果たして対応できたのか?
という点が一番でしょうか。

スタバの様々な情報から知っているからこそ、
スタバのスタッフならできてほしいと
感じた方も多いのではないでしょうか?

それほど、スタバの接客対応レベルは高いのです。

裏を返せば、チェーン店において、
接客対応レベルを高く維持することは大変
なのです。

同じくチェーン店で働いていたものとして、
スタバのあの高いレベルでの接客対応は
敬服するものがあります。

スタバを利用すればわかりますが、
ほとんどのお店で心地よい接客が受けれます。

飲食経験・チェーン店経験をした私からすると、
スタバの経営は「王道」なのです。

QCSのレベルを上げ、
広告や販売促進ツールをあまり使わず、
とことんファンを作っていく。

これは私がコンサルティングで目指している
ところでもあるのです。

この福袋買い占め問題に対し、
来年のスタバの対応に注目したいと思います。

Follow me!