私がカフェコンサルタントをやる理由

カフェ集約及び売上アップ
専門コンサルタントのいながきです。

私が今コンサルタントとして仕事ができるのは、
ファーストーフード時代の3人の師匠と
2人の良きライバル。

そして、今の私をコンサルタントとして
指導及び支えてくれている3人の先生と
私のビジネスパートナーたちのおかげです。

今日は、その中でも、
私がカフェのコンサルタントとして仕事をする上で、
現場のイロハを教えてくれた人の話です。

今からちょうど20年前の昔話です。
※○○=某有名ファーストフードチェーン店

当時の○○の新宿地区は、
本社が新宿にあることもあり、
○○のエリートが集まる地区でした。

私が働いていた新宿モア五番街店。

当時売上全国10位で、
新宿東口の紀伊国屋書店の近くにあり、
合計300席もある大きな店舗でした。

そんなお店の店長に若干23歳の若造である私が
店長になります。

この時に私の上司だったU氏。
このU氏からの教えが私という人間を
大きく変えることになります。

とにかく、U氏は厳しかった(笑)

「全ては事前準備。事前準備が90%」
「スタッフの服装の乱れは店舗の乱れ」
「計画なき運営、ただ店を開けて閉めるだけ」
「物事は本質で捉えろ、表面で改善しても全く意味がない」
「物を置くということは管理が始まる。管理ができないなら店舗に物を増やすな」

などなど。
今の私のコンサルタントとしての基礎は
全て彼から教わったと言っても良いでしょう。

時には、私がいないお店に来て
「お前のいない時のお店の現状はこうだ!」

時には、落ち込んでいる私に
「お店は生き物。いい時もあれば悪い時もある!」

若かった私はU氏に認められたくて、褒められたくて、
日々の店舗業務に励んでいたのを思い出します。

今でも、彼の話全てが
今の私のコンサルティングの血肉
となっています。

そんなU氏も
15年程前に42歳という若さでお亡くなりになりました。
脳腫瘍でした。

U氏が私に書いてくれた
店舗運営のためのアドバイスシートは
自分の宝物です。

自分が飛躍的に成長するには
「良い師匠(目標)」と「良いライバル」を持つ
ことだと私は思っております。

是非、あなたも
良い師匠と良いライバル
を見つけてください。

このブログを天国にいる梅津清氏に捧げます。

Follow me!