意外に見られているあなたのカフェでの接客時の動き

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

私たちの行動は案外細かいところまで
お客様に見られています。
ある意味魅せる商売でもあります。

どういうことかと言うと…

まず、私たちカフェを始めとする飲食業の人間は
常にお客様から見られているという意識を持つ
ことが大切です。

また、私たちは食品を扱う商売です。
カフェで提供された作った料理は
当たり前ですがお客様の口の中に入ります。

このようなことを忘れてしまうような行動
を見かける時があります。

今日はそのような
ちょっと気を付けたい行動
をご紹介します。

例えば、カップの持ち方。
結構、わしづかみに持っているスタッフ
見かけます。

特にカウンターから直接お客様に
渡すときなど見掛ける時があります。

コーヒーカップやコップは
お客様がコップの淵の部分に
口をつけて飲むものです。

そこにあなたの手が触れていたら、
どうお客様は感じるでしょうか?

例えば、
レジをしてお金を扱った手で
手を洗わずそのまま厨房に入ったら、
コーヒーやドリンクを作ったら、
お客様はどう感じるでしょうか?

厨房がオープンのカフェって結構多い
ですよね。
つまり、お客様から常に見られているのです。

ちょっとしたことだと思うかもしれませんが、
お客様は案外あなたの行動を見ている
ものです。

常にお客様に見られている
という意識を持って仕事をしましょう♪

Follow me!