カフェコンサルタントの接客時のこだわり

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

私は月間で50軒、年間で600軒くらい
カフェや喫茶店を利用します。
単純にカフェや喫茶店が大好きです。

好きで利用しているので、
基本自分のコンサルタントとしての
センサーは閉じます。

しかしどうしても
接客時に気になってしまう言葉がある
のです。


「すみませんが…」

この言葉よく使われています。
接客において「すみません」を使うことは
私の中ではありません。

まず、この「すみません」って言葉。
大きく分けて以下の2つのパターンで、
接客時に使われます。

・謝るとき。
・お願いするとき。

「お待たせしてすみません」
「すみませんが、こちらの席をご利用~」
これらの言葉の使い方はよく耳にします。

さて、正しくはどのような言葉を
接客時には使うべきでしょうか?
わかりますか?

正解は、
お待たせして申し訳ございません
恐れ入りますがこちらの席をご利用~

なのです。

謝罪するときは「申し訳ございません」
お願いするときは「恐れ入りますが」
を使います。

先日、ある事務所に行ったときに、
「申し訳ございませんが、
 こちらでスリッパにお履き替えください」
とありました。

これも、私だったら
「恐れ入りますが~」
を使います。

世界で一番難しいと言われている日本語。
その中でもかなり難しい敬語。
正しく使ってスマートな接客をしたいですね。


接客研修やってます。
今回の内容である「間違えやすい接客用語」
もいくつか挙げて学びます。

ご興味のある方は下記から詳細をご覧ください。

接客が楽しくなるための接客研修

Follow me!