スケジュール管理に付箋を活用する

カフェ集客及び売上アップ
専門コンサルタントのいながきです。

私は毎月関東、関西に約1週間遠征に行きます。
びっしりアポを入れたあとに快感を覚える私です(笑)

実は、そのアポを管理をするのにも
付箋(ふせん)を活用しております。
なぜ、付箋(ふせん)を活用するのか?

実際に活用しているこの画像をご覧ください。

スケジュール管理付箋活用

 

 

 

 

 

まず、スケジュールを付箋(ふせん)に書いて、
おおよそのスケジュールを建てていきます。
決定したら用紙に直にスケジュールを書いていきます。

もし、スケジュールがずれるなら、
その付箋(ふせん)を移動したり、
捨てたりしてスケジュールを調整します。

私はコンサルタントと言う職業上、
“アポ取り”という観点で付箋(ふせん)を活用
しています。

しかし、カフェ経営者なら
スケジュール管理として付箋(ふせん)を活用
できます。

つまり、
・イベントをやろう
・改装をしよう
・スタッフを増やそう

など大きく事を興そうと考えた時に、
スケジュール管理をする際に付箋(ふせん)は便利
なのですよ。

やりたいことを全て付箋(ふせん)に書き出し、
自系列に並べる事で頭の中が整理できます。

是非、スケジュール管理に付箋(ふせん)を
活用してくださいね。

Follow me!