カフェをロスを少なくする1つの方法

カフェ集客及び売上アップ
専門コンサルタントのいながきです。

この数回
原価を下げるにはロス管理が大切
という話しをしてきました。

今日はロスを下げるためには、
メニューを決めた時点である程度決まる
という話しです。

原材料には「賞味期限」が存在します。
やみくもに原材料を発注すれば、
当然回転が悪くなり、食材の鮮度も落ちます。

いかに、メニューとして
新鮮な食材をお客様に提供することも大切です。

では、どうすればよいのか?それは、
最初のメニューのつくり方に工夫が必要
なのです。

カフェのメニューを決める際に、
なるべくメニューを多くしたいと思うかもしれません。

メニューの種類を増やせば、扱う原材料が多くなり、
管理も難しくなります。
当然、ロスも増えてきます。

そこでロスを防ぐために、
取り扱う原材料を少なくしてメニューを多くする
ことです。

例えば、
モーニングのメニューで使うパンの種類を1つにします。
食パンでできるメニューを色々と頭を使って考えます。
しかも、自分のカフェのうりになる人気メニューを!!

特に、鮮度が命の
パン、野菜、果物、牛乳、たまごは配慮が必要です。

カフェ(飲食店)のロス管理は
メニューを決めた時点で始まります。

今一度、あなたのカフェのメニューを考え直す
ことも必要かもしれませんよ。

この記事を書いている人

稲垣 高史
稲垣 高史カフェコンサルタント
コーヒー好き、カフェ好きの趣味が高じてカフェコンサルタントを始めて7年になります。このブログを読んだカフェ関係者が「これやってみよう」と思えるような売上アップや教育法を発信しております。簡単な質問は無償にて対応しております^^

カフェ経営者に贈る日々のコツコツ売上アップ法を配信

ブログでは書けない?様な話題を
メルマガでは配信中です。

今ご登録いただくと
【2019年最新版】カフェウェブ集客秘伝の書ほか、すぐにお店で使えるツールをいくつかダウンロードできます。

今すぐメルマガに登録して手に入れてください!