カフェコンサルタントとして接客時に大切にしている3つ目のポイント

カフェ集客及び売上アップ
専門コンサルタントのいながきです。

接客で大切な3つのこと。
第3回目の今日は「言葉づかい」です。

ファーストフードを始めたばかりのとき、
知らずに「ファミコン言葉」を使っており、
これが正式な言葉遣いだと思っておりました。

ファーストフードを始めて1年くらい経った
でしょうか。

あることがきっかけで、
自分の使っている言葉が間違いだ
と気づかさせられました。

コンサルティングをしていて、
スタッフが接客時に間違いやすい言葉
をご紹介します。

~のほうという言葉
(誤)お水のほうはいくつお持ちしましょうか
(正)お水はいくつお持ちいたしますか?

お会計がちょうどの額だったとき。
(誤)12,080円ちょうどお預かりします。
(正)12,080円ちょうど頂戴いたします。

実は、ちょうどの時に大抵のカフェ(飲食店)で
「お預かりします」と対応しています。

ちょうどの場合は、そのままいただくので、
「ちょうど頂戴いたします」になります。

お客様に謝罪するとき
(誤)すみません。
(正)申し訳ございません。
結構「すみません」を使う方が多いですね。

あと、お客様のことを
「お客さん」というスタッフも見受けられます。

コンサルティングをやられている方も、
よく「お客目線が大切なんだよ!!」
とおっしゃってる方がいます。

非常に残念です。

日本語って難しいですよね。
世界で一番難しいとされている「日本語の敬語」

私も、コンサルタントとして
教える立場として常に勉強中です。

Follow me!