カフェコンサルタントとして接客時に大切にしている2つ目のポイント

カフェ集客及び売上アップ
専門コンサルタントのいながきです。

私がコンサルタントとして
接客おいて大切にしている3つのポイント
の2つ目です。

私は15年ほどファーストフードにいました。
その時の店舗のお客様は、
百貨店で働いてる方が多かったのです。

なので、かなり百貨店の接客を観察をしました。

圧倒的に差を感じたのは
おじぎ
でした。

笑顔も言葉づかいもそんなに負けていません。
笑顔は私のお店のスタッフの方が柔らかく、
素敵だと感じました(笑)

しかしながら、
おじぎのきれいさ丁寧さについては惨敗
でした。

そのことに気づいてから、
かなりおじぎにはこだわって、
当時のスタッフを教育しました。

おかげさまで、私のお店は、
ファーストフードにも関わらずおじぎが深くてきれい
とお客様や上司や同僚に褒められたことも
数回ではありませんでした。

まず、おじぎをきちんとすることによる
メリットがあります。それは、

・お客様に丁寧さが伝わる。
・次の作業に移る際のメリハリが付く、

という2点です。

ポイントは、
声を発しながらおじぎをしないこと
です。

よくおじぎをしながら挨拶をして、
次の行動に移るのを見かけます。

かえって、接客が雑に見えるので
気をつけましょう。

いかがでしょうか?
行動のメリハリをつける意味でも
おじぎは非常に大切です。

きっとお客様に接客の丁寧さが伝わりますよ。

Follow me!