カフェコンサルタントのこだわり~スタッフ教育のコツ

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

どのカフェも人材教育は永遠の課題ですよね。
思った通りスタッフが育たなくて
イライラすることもあるのではないでしょうか?

私の経験上、
自分が思ったようにスタッフを育てるには
ちょっとしたコツがあります。

昨日のブログで「教育の仕組が大切」
だと伝えました。
今日は仕組を活かすための本質的な話です。

私は10年くらい某ファーストフードで
店長をしておりました。

そのお店はスタッフを常時80人くらい抱え、
常に採用・教育を繰り返さなければ
ならないお店でした。

店長になって5年くらいまでは、
常に人不足で悩まされ、
決して良い店長とは言えませんでした。

ところが、ある時からスタッフ教育について
自分の考え方を改める機会が生じました。

教育のあり方に気づいてから、
私は以下の2つのことに注視しました。

1、初日(オリエンテーション)を大切にする
自分のお店に対するビジョンをはっきりと伝える。

2、新人スタッフとのコミュニケーション
を大切にし、とにかく信頼関係を築く。

細かい教育・指導は
専門のスタッフリーダーに任せ、
私はお店のTOPとして上記の2つを徹底しました。

要はお店のベクトルを統一したのです。

そのおかげか、人不足で悩むことは少なくなり、
良い人材も育つようになりました。

急がば回れとよく言われますが、
人を育てるには、
相手との信頼関係と自分のビジョンを伝える
ことが大切に感じております。

この経験のおかげで、今のコンサルティングでも
ビジネスパートナーと良好な関係を築けている
かもしれません。

あなたのカフェのビジョンは何ですか?
そのビジョンをスタッフに伝えてますか?
スタッフとの関係は良好ですか?

Follow me!