カフェが生き残る条件

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

昨年、240件ほどカフェを回りました。
中には、この1年で閉店したカフェも
当然あります。

実はこの閉店したカフェの多くは、
私は何となく予想することができました。

なぜなら、
閉店するカフェにはある共通がある
からなのです。

もちろん、集客以前の問題なのです。
その共通点とは?

これは、カフェだけではなく、
全ての飲食店や販売店に共通なことだと思います。
参考になれば幸いです。

・営業時間が守られていない

「材料がなくなったから」
「今日は都合により早じまい」
1枚の紙をドアに貼って、休むお店があります。
しかも、前触れもなく当日に。

知らずに来店されたお客様はどう思うでしょうか?
営業時間はお客様との約束です。

・味が安定していない

これは味だけではなく、量や金額においても
同じことが言えます。

これも営業時間と同じで、
お客様はあなたのカフェの味、量、値段で来店しております。
その約束を破ったらやはり同じことになります。 

・不衛生(特にトイレ)

一昔前までは、別に汚くてもOK、
もしくは「味がある」など言われていました。

ところが、これだけ飲食店が氾濫すると、
やはり清潔なお店にお客様は集まります。

スタッフの身嗜みも清潔感を意識しましょう。
特に、カフェ」という業態においては
その傾向が顕著です。 

・元気がない

カフェに限らず、
はっきりとした挨拶は気持ちの良いものです。

私の経験上、あいさつができないお店は、
スタッフ同士の私語が多いのも特徴です。

落ち着いた雰囲気のお店でも、
お客様が入っているお店は共通して
挨拶の声が素晴らしいです。

あなたのカフェは大丈夫ですか? 

Follow me!