カフェでも重要な問題の1つ異物混入

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

今、大手ファーストフードチェーン店を
始め様々な飲食店や食品会社で
異物混入が問題となっております。

私も現場にいた時も
異物混入は避けて通ることができない問題
の1つでした。

特に髪の毛が料理に入らないように
かなり気を使いました。

そのためには、
ある工夫とルール化が重要です。

異物となるようなものを厨房内に
持ち込まない
置かない
という混入しないためのルール作りが重要です。

例えば、
厨房に入る前に手洗いをしますよね?

その時に、
衣類に付いているかもしれない
髪の毛や小さいゴミが衣類を取る意味で、
ユニフォームにコロコロをかけます。

また、絆創膏やピアスなど
外れて食品に入る可能性があるものは
全てその場で取るルールを作ります。

また、そのような体制を維持するための
仕組みを作ることも大切です。

もう1つは、厨房内はとにかく
異物混入の恐れのあるものは置かないようにします。

カッターナイフや金たわしなど
私だったら絶対調理場に設置しない備品です。

また、食材のビニール類は
全て切り落とさぬよう途中で止め、
切り落としたビニール片が入らないように
努めます。

つまり、
カフェの営業にとって、
異物混入の恐れのあるものは徹底に除去
することが大切です。

異物混入はカフェにとって、
集客に影響する致命傷になりかねない
クレームの1つです。

厨房内に余分なものは置かない
=整理・整頓から始めましょう。

Follow me!