あなたのカフェでスタッフの定着率が悪い理由

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

最近、飲食店での人手不足をかなり耳にするように
なってきました。
どこのお店でも良い人材の確保は永遠の課題であり、
それは売上アップのためには必須の条件です。

人手不足になってくる=人が買い手市場になると
スタッフの定着率が落ちてくるのも事実です。

実はスタッフの定着率をあげるためには、
ちょっとした日頃の積み重ねが大切なのです。
それは…

あなたのカフェで働いているスタッフは
あなたのカフェで働いていることに満足していますか?
それを誇りに思ってますか?

これ「従業員満足=ES」とも言われております。
この満足度が下がってくると離職につながります。

では、ここで問題。
あなたのスタッフは、
なぜあなたのカフェで働いていますか?

この質問に対する答えはかなり重要です。
もし、「時給が高い」という理由だけなら、
今後離職率が高くなる可能性があるので注意です。

もし、この働く理由が
責任ある仕事を与えられ、やり甲斐がある
というならかなり理想的な状態といえます。

もし、、
あなたのカフェで働く理由が明確なら、
スタッフは他のところで働くという考えは出ない
でしょう。

では、日頃あなたのカフェのスタッフが
あなたのカフェでやり甲斐を感じて働いてもらう
ためにはあなたが何をすべきでしょうか?

それは、経営者であるあなたが

・スタッフがやったことに気づき、
・スタッフのやったことを認め、
・スタッフをほめてあげる
ことが大切です。

これコミュニケーションの記事で触れました。
私はこのカフェにとって必要な人間なんだ
って感じてもらうことが大切です。

もし感じてもらえなければ、
「時給があわないのでやめさせてください」
という言葉を残して去っていくでしょう。

あなたのカフェでスタッフが働く理由は何ですか?

Follow me!