カフェ集客及び売上アップコンサルタントが考えるスタンプカードその4

カフェ集客及び売上アップ専門
コンサルタントのいながきです。

ここ数日このブログで
あなたのカフェの常連客を作るためのツール、
スタンプカードの重要性について述べております。

今日は最終回です。

カフェにおいて、
スタンプカードは、集客及び囲い込みにおいて、
かなりの武器となることは間違いありません。

ところが、このスタンプカード。
使い方を誤ると売上アップどころか、
売上が下がる可能性があります。

まず、スタンプカードは
お客様の再来店を促すツールである
と最初の記事で述べました。
その記事はこちらをクリック

ここ非常に重要なポイントです。
今日はもう少し内容的に踏み込んで。

スタンプカードの内容を考えると、
色々なパターンがありますよね?

・500円 or 1000円ご利用で1個捺印、
・10個たまったら、○○と交換

結構あるパターンではないでしょうか?

さて、本題です。
今回のこの記事では、1000円毎のご利用で
1つ捺印だとします。

あるお客様が、
あなたのカフェでお客様が2960円の利用
だったとします。
スタンプカードにはいくつ押しますか?

2つ
って、答える方がほとんどかもしれませんね。
でも、よく考えてみてください。

利用されたお客様はどう感じるでしょうか?
ほとんどの方が、
「たった40円でスタンプ1つくらいけちるなよ!!」

と思われるでしょう。
ここで本質的なスタンプカードの意味。

せっかく、再来店を促すアイテムにもかかわらず、
このようなことが原因で、
あなたのカフェにもう2度と行きたくない
って思われる可能性ありませんか?

だからと言って、ルールはルールなので、
その行為が悪いと言っているのではありません。
考え方を転換してみましょう。

「スタンプカードは、当店1000円で1つ捺印ですが、
 いつもご利用していただいているので、
 3つ押しておきますね」
と本来のルールよりも1つ多く押しましょう。

きっと、お客様は
・あなたのカフェで特別扱いしてくれたこと
・私がいつも利用していることを知っていてくれること
に喜び、利用頻度が上がる可能性が高くなります。

スタンプカードは、
いつもご利用いただいているお客様だけに
特別のサービスを提供するツールです。

スタンプカードを活かすためには、
上記のようなあなたのカフェの対応はありだと
思いませんか?

是非あなたのカフェの集客・囲い込みのために、
スタンプカードを上手に活用してください。

Follow me!