カフェのコンサルティンをしていて感じること

カフェ集客及び売上アップ
専門コンサルタントのいながきです。

コンサルタントとして仕事をしていると
結果が出ない経営者には3つのパターンが存在している
ことを痛感しております。

その3つのパターンとは?

カフェ専門コンサルタントという仕事を
始めておおよそ2年が経ちました。

この2年間でお会いしたカフェ経営者の中でも
うまく行っていないもしくは結果が出ない人
には3つのパターンがあることに気づきました。

1、変化を嫌う人

変化=成長です。
ドッグイヤーと呼ばれる現代において、
時代を察知しいち早く対応することは大切です。

私がカフェ専門コンサルタントになったばかりの時
私の先生からもらった言葉です。
「同じことをやっていたら同じ結果しか出ない」

2、行動できない人

私の場合、コンサルティングにおいて、
自分の手法を強要することはほとんどありません。

なぜなら、自分で答えを出さないと
行動に移せないからです。

ですから、コンサルティング時は
答えを導き出すことに徹しております。

せっかく自分で導き出した答えに対し、
行動できない経営者はもちろん結果は出ません。

行動しても0かもしれませんが、
行動しなかったら100%結果は出ませんからね。

コンサルタントとして経営者が行動したいと思う
ようにアドバイスすることも気に掛けています。

3、想いがない人

これ、私がコンサルタントとして一番大切に
していることです。

なぜ、あなたはカフェを始めたのですか?

ここ一番大切だと思っております。
何か問題に直面したら、この部分に戻ると
いいですよ。

ちなみに、私がコンサルティングを始めたら、
まずこの「想い」の部分を
かなりのレベルでブラッシュアップします。
以上の3つがカフェ専門コンサルタントとして、
この2年間動いていて、気づいたパターンです。

この3つはカフェや飲食店に
限った事ではないと思っております。

実はこの3つ私自身も
カフェ専門コンサルタントとして
常に気をつけている項目でもあります。

コンサルタントとしてはまだまだですが、
たくさんのカフェ経営者の方の力になれるよう、
コンサルティング力をアップして行きます。

Follow me!